DEPARTMENT自毛植毛手術

AGA・薄毛診療

自毛植毛手術
(FUE・ノンシェーブンFUE・FUSS)

植毛の第一人者である長井医師による
長井式植毛術*を皆さんに提供いたします。

毛包の採取方法の違いにより手術方法が若干異なります。
詳しくは各項目の説明をご覧ください。
また、眉毛、ヒゲ、その他体毛への植毛手術も可能ですので、お気軽にご相談ください。

*長井式植毛術とは

植毛手術の世界的権威であるロン・シャピロー医師の直弟子である長井医師が20年以上に渡り研鑽し、進化させた手術法です。
本来4ステップであった手術手順を13ステップへ細分化する事で各ステップごとの手術手技と再現性を高めています。
当クリニックにおける長井式植毛手術は全工程を必ず長井医師が主導しマイクロサージェリーに熟練した形成外科専門医と共に行うことで高い技術と結果を維持しています。
植毛手術(FUE・FUSS)の全工程を医師が行うクリニックは世界的にもほとんどありません。ISHRS*フェロー、ABHRS*専門医である長井医師による特別な植毛手術を皆さんに提供いたします。

*ISHRS:The INTERNATIONAL SOCIETY OF HAIR RESTORATION SURGERY(国際毛髪外科学会)
*ABHRS:American Board of Hair Restoration Surgery(アメリカ毛髪外科学会)

採取方法について

FUE植毛(Follicular Unit Excision)

ラインスリット(線状スリット)毛穴作成による
瘢痕(傷痕)の最小限化

毛包を1株ずつ採取して移植するFollicular(毛包)Unit(株)Excision(切除)Technique(移植手術)です。
以前はFollicular Unit Extraction(毛包株引き抜き手術)とも呼ばれていましたが、国際毛髪外科学会(ISHRS)やアメリカ毛髪外科(ABHRS)において「全く切らない処置という誤解を与える可能性があり誇大広告につながる」という意見があり現在ではExcision(切除)という名前に統一されています。
毛包採取部(主に後頭部)を部分的に剃毛し(注1)直径0.9mmのパンチニードルで毛包を採取するため縫合の必要がなく、瘢痕(傷痕)も直径0.9mm以下に収縮するためほとんど目立ちません。
植毛部分もラインスリット(線状スリット)を用いるので、ホールスリット(円形スリット)に比べて瘢痕(傷痕)の面積が約1/3になるのも特徴です。
頭髪だけでなく、眉毛や全身の体毛部に対しても行える手術です。

注1(通常のFUE:1000グラフト植毛の場合で約12cm×6cm程度の範囲で剃毛が必要です。)

ノンシェーブンFUE植毛

毛包採取部(主に後頭部)の剃毛の必要がなく、
手術当日直後でもほとんど目立たない手術法

通常のFUE手術では毛包採取部(主に後頭部)を部分的に剃毛する必要がありますがノンシェーブンFUEでは毛包採取部の剃毛の必要がなく、手術当日直後でも採取部の傷が全くと言っていいほど目立ちません。
植毛部分もラインスリット(線状スリット)を用いるので、ホールスリット(円形スリット)に比べて植毛部分の瘢痕(傷痕)の面積が約1/3になるのも特徴です。

FUSS植毛(Follicular Unit Strip Surgery)

毛包採取部(主に後頭部)の剃毛の必要がなく
縫合部は髪の毛で隠れる手術法。

従来の後頭部頭皮を帯状に切除、縫合して毛包株を採取する手術です。
切開、縫合、抜糸の必要がありますが、縫合部以外は剃毛する必要がなく、縫合部も周りの髪の毛で隠れてしまい、手術当日直後でもほとんど目立ちません。
植毛部分もラインスリット(線状スリット)を用いるので、ホールスリット(円形スリット)に比べて植毛部分の瘢痕(傷痕)の面積が約1/3になるのも特徴です。

眉毛・ヒゲ・体毛植毛

眉毛はデザイン、毛の太さだけでなく、「毛の向き・流れ・角度」の微妙な違いで大きく印象が変わります。
ラインスリットを用いる長井式植毛なら繊細な「毛の向き・流れ・角度」を再現することができます。
また、ヒゲ部分への植毛、ヒゲからの採取、その他の体毛植毛なども対応可能です。
(体毛は、人それぞれ毛の特徴の個人差がかなり大きいので、詳細な診察とデザインを行っています。)

AGA・薄毛診療・自毛植毛手術一覧をみる

Reservation / Contactご予約・ご相談

AGA・薄毛の再診の方はインターネット予約も可能です。

ご予約はこちら
pagetop
グループクリニック新潟院さとう美容クリニック